×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハコスカの最終型グリルはいかに?!情報!

ハコスカの最終型グリルはいかに?!

カテゴリー :ハコスカ グリル

ハコスカグリルが違うというだけで、本当にいろんな表情を見せてくれます!
 人それぞれでグリルの趣味もさまざまで、好みもハコスカのこだわりも違います。
 そこで、たくさんあるグリルの中から、GTXの追加で今までのハコスカよりもワイルドで、そしてゴージャスさを狙っていたのではないかとも思える最終型に関して、GTRルックなハニカムになり、さらにはピカピカの鼻の穴センターグリルの組み合わせです!
 このモデルのグリルも今では入手困難のレアものとなってしまって、なかなか見つからないのですが、意外と中古車屋さんのパーツコーナーに転がっている確率が高めのタイプなんです!
 当時はGTR仕様真っ盛りでしたから、みんなGTRグリルに変えてしまっていましたからね。
 そのせいもあって、意外と見つかることがあるのだと思います。
 中には、ピカピカのセンターグリルの鼻の穴だけを外すというスタイルもありましたね。
 もしかしたら一番残ってるのは鼻の穴のグリル部分だけなのかもしれませんね!
 バンパーに関にしては特に変更はありませんでした。
 毎年と言うほどマイナーチェンジをしていた日産ですが、年々コスト削減の傾向がチラチラと見えてしまうのが何とも切実なところです。

コラム > ハコスカの最終型グリルはいかに?!について書かれています。

ハコスカから時を超え、GTR復活?!

カテゴリー :ハコスカ GTR

GTRがまた復活します!!
 ハコスカから始まったGTRシリーズが、10代目で終了してしまい、後代のスカイラインからは、エンジンも直列6気筒の伝統のRBエンジンでなくなってしまって、ハコスカ時代からの日産ファンの方々が肩を落とされたかと思います。
 私もその一人でした。
 日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのですからしかたありませんよね。
 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事ですがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR!
 これはかなり期待が膨らみますよね〜!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されています!
 GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車ですから値段もいくらになるのか想像もつかないですね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのでしょうか?
 そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまいますね。
 大衆車でありながら最強、最速でいてほしいと言うのが希望なんですけどね。
 是非とも良心的な値段であることを祈るばかりです!!

コラム > ハコスカから時を超え、GTR復活?!について書かれています。

ハコスカといえばGTR!

カテゴリー :ハコスカ GTR

ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から〜1972年まで販売されてたC10型のスカイラインです。
 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。最高速度200km/h。ゼロヨンでは16秒という当時としては驚異的な性能を誇ったGTRが誕生しました。
 他のグレードのハコスカとの違いは、GTRは大きくなったタイヤサイズに対応するために、リヤのフェンダーのサーフィンラインがカットされているという点。
 サーフィンラインとはボディー剛性を上げる為にスプライン(折り目)を入れるのですがそのスプラインをデザインしたものになります。他にもハコスカGTRでは、ウィンドウシールドをはじめ、ウィンドウガラスが、青色が付いた熱線吸収のものでは無く、また、リアの曇り止め用のプリント式熱線も無いのもGTRの特徴です。さらに、モール類が装備されていないという走るために余分なものを取り除いた「スカイラインGTのレース仕様」となった。
 そして当時のハコスカGTRの価格は150万円。それが今となっても取引価格は下回ることのない最も人気の旧車である。

コラム > ハコスカといえばGTR!について書かれています。